2009年10月26日

菊花賞 2009

中央競馬のクラシックレース、第70回菊花賞(GI)は25日、京都競馬場の3000メートル芝コースに18頭が出走し争われ、3歳3冠レースの最終戦は8番人気のスリーロールス(浜中俊騎乗)が3分3秒5で重賞を初制覇し、優勝賞金1億1200万円を獲得した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/race/316776/

1996年に菊花賞を制したダンスインザダーク。
その子供達が1,2位を取ったこの菊花賞ですが、血統の特徴がよく見られたレースだったと思います。
やはりダンスインザダーク産駒は長距離に強かった。

リーチザクラウンも残り200mまでは粘ったのですが、最後は失速・・・セイウンスカイのようにはなれなかったか。
序盤の大逃げが痛かった。

セイウンワンダーは流石グラスの血を引いているだけあって、長距離でもその力を見せ付けてくれましたね。
毎回夢を見せてくれるこの馬を今後も応援したいと思います。
どちらかと言えば中距離のイメージがあったのですが、いいものが観れました。
有馬記念出てくれないかな(笑)
posted by カヲル at 10:51| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。