2009年10月22日

オタク歴を履歴書化して公開できる「おたくの履歴書」 α版がスタート

「オタク」をテーマにしたコミュニティサイト「おたくま」を運営するシー・エス・ティー・エンター
テインメント株式会社は21日、自分のオタク歴を履歴書として公開できるサービス
「おたくの履歴書」のα版を開始した。利用は無料。

「おたくの履歴書」は、履歴書風のフォーマットに自分が歩んできたオタクの経歴を時系列に
沿って登録して、他ユーザーに公開できるサービス。自らのアピールポイントや1カ月に
趣味に費やす金額などを入力する項目も用意する。

シー・エス・ティー・エンターテインメントでは、公開された履歴書を通じて、自分と同じ趣味や
体験をしたユーザーを見つけたり、自分の趣味と照らし合わせてサービスを楽しむことが
できると説明。また、掲載された履歴書をTwitterで紹介したり、ソーシャルブックマーク
サービスに登録できるボタンも用意する。

なお、投稿された履歴書は、運営事務局が内容を確認した上で公開される。また、今後は
ユーザー自身による編集機能も追加する考えで、好みのデザインによる履歴書の作成や
印刷などの仕組みを導入する予定。加えて、モバイル版対応も検討する。

BB Watch
http://bb.watch.impress.co.jp/docs/news/20091021_323197.html

誰が得するんだよコレ
posted by カヲル at 15:21| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

漫画家・吾妻ひでお 「アニメ『けいおん』、作ってる人も見てる人も不気味だ。そんなに現実がイヤなのか?」と批判

・人気漫画家の吾妻ひでお先生が自身の公式サイトで「このアニメ作ってる人も見てる人々も不気味。そんなに現実イヤなのか?
この気持ち悪さはメイドカフェにも通じるものがあるな」と発言していることが明らかになった。
このことを伝えたタレコミニュースサイト『ぱふぱふニュース』によると、吾妻ひでお先生はアニメ版の『けいおん!』を観て率直な感想を漫画形式で執筆。
吾妻ひでお先生にとって、かなり不満爆発の内容だったとのこと。
『けいおん!』は、もともと漫画雑誌で連載さていた作品をテレビアニメ化。
深夜枠のアニメにもかかわらず、社会現象を発生させるほどの大ブームとなった。
この作品は、軽音楽部で活動するキュートな女の子たちの物語なのだが、その内容に影響された人たちが楽器屋に足を運んで楽器を購入するなど、ディープなファンを作っていた。
公式サイトに書かれていた吾妻ひでお先生の感想は次のようなものとなっている。
「録画してあったTBSアニメの『けいおん!』観る。空虚だ。ギャグもナンセンスもユーモアもエログロもストーリーらしきものも何もない。ちょっとしたフェティシズムがあるだけ。
このアニメ作ってる人も見てる人々も不気味。
そんなに現実イヤなのか?この気持ち悪さはメイドカフェにも通じるものがあるな。
原作のかきふらい『けいおん1』読んでみたらまァまァのほほえましいほのぼの4コマ漫画だ。原作生かせよ!」(公式ブログより引用)
吾妻ひでお先生はアニメ版『けいおん!』が、かなりつまらなかったようである。
そして、制作者やファンを不気味にも感じたようだ。
さらに、気持ち悪い作品とも……。
ここまで言われると、吾妻ひでお先生にとって『けいおん!』は、最悪の作品ということになる。
しかし漫画版の『けいおん!』に関しては「まァまァのほほえましいほのぼの4コマ漫画だ」と感想を話しており、不満があるのはアニメ版だけのようだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/4401587/

>吾妻ひでお


誰?^o^

一昔前に流行った?漫画家さんみたいですけど。
なんとかの遠吠えにしか聞こえないんだけどねぇ。
posted by カヲル at 14:01| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

女が嫌いな女2009秋 1位沢尻エリカ 2位和田アキ子 3位久本雅美 前回圏外から4位酒井法子、8位藤原紀香、10位道重さゆみ

・1位は沢尻エリカ、前人未到の3連覇を達成
「結婚式の時のあの頭のデザイン。花笠音頭でも踊るのか?と。神社を利用するならきちっと伝統を守って欲しい」(55・無職)
「白無垢はかわいいと一瞬思ったけど、やっぱり性根はそうそう簡単に純白になれるはずがない」(42・IT)
「『パッチギ!』の時のあなたはどこに行ったのだろう」(53・自営)

・2位和田アキ子、3位久本雅美、5位細木数子らの常連組は相変わらず堅調。

・4位は酒井法子「被告」。
「湾岸署から出てきたときは、歌うのかと思いました」(38・主婦)
「髪を染めたり、カットしたり、証拠をできる限り隠ぺいしようとしている姿は、覚せい剤をやめようと思いつつやめられなかった
というより、見つかったらどう対処しようという、意地でも吸い続ける姿が窺え、狡猾な感じを受けた」(43・主婦)

・8位は昨年の圏外から大きく順位を上げた藤原紀香
「離婚のときの対応にがっかりした。事務所や親にすべてを任せて、自分のイメージだけを崩さないように
必死になっているように見えた。離婚後に『結婚したい有名人』やら『まゆ美人』やら、
いろんなランキングに登場してきたが、やらせっぽくて逆にイメージダウンがした」(37・主婦)
アフガニスタンやケニアなど海外の人道支援でも知られるが、
「自分の評価をあげるためのツールとして利用しているような気がしてしまう」(36・主婦)

・モーニング娘。関連から10位に道重さゆみ、11位に辻希美が圏外から急浮上
道重は「『踊る!さんま御殿!』で、『絶対さゆみの方が可愛いのに』とか
『さゆみを可愛がってくれない人は嫌い』とか言っていて引いた。性格悪そう」(22・栄養士)
辻は「カリスマ主婦らしいですが(苦笑)。カリスマといわれる所以はなんなのですかね?
ハート型のハンバーグが作れるから(笑)?アイドルが子育ても仕事も頑張ってる姿がカリスマ主婦なら、
世の中の子育てしながら働く兼業主婦はカリスマどころか鉄人カリスマ主婦ですね」(36・主婦)
posted by カヲル at 21:06| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。